亞的呼聲 Adiffusion

中華と酒と銭湯と

昭和の終わりの新界旅行

  • 新界東部
    • 沙田
    • 大埔
    • 西貢
    • 粉嶺・上水
    • 落馬洲
  • 新界西部
    • 元朗・錦田
    • その他

 書架の整理中、親が香港旅行の際に購入したであろう観光ガイドが出てきた。ブルーガイドパック編集部『香港・マカオ〈パック・ワールド05〉』(実業之日本社、初版昭和57(1982)年、手元にあるものは昭和60(1986)年の第2改訂版)。

f:id:NongYao:20231204222355j:image

ブランド店ばかりに下線が引かれている

 

 当該ガイドブックは意外にも新界New Territories*1にも紙幅を割いていた。pp. 37-44が新界のガイドになっている。当時の基本的な観光スポットが把握できるので、本記事ではこのガイドブックからバブルでブイブイ言わせていた日本人が、新界地域をどう巡っていたかを見ていこうと思う。

 もっとも、当時の感覚として「九龍半島サイドは治安が悪い」という認識があったり、そもそも自由時間が少ないツアー観光が主流(自由時間はショッピングに費やされる)だったりという状況を踏まえると、この本を片手に実際に新界へ足を踏み入れた観光客はあまり多くはないのでは、という気もする。

 

 「新界主要部」と題された地図には、新界の主要な市街地として荃灣、沙田、西貢、大埔、粉嶺、上水、錦田、元朗、屯門が示されていた。飛行場建設前の大嶼山は見切れている。このガイドブックでは、新界を東部と西部に分けて紹介していて、北部を例外として山脈が東西を分断しているので、感覚的にも分かりやすい。

*1:ここでは、新九龍New Kowloonを含まない狭義の新界を指す

続きを読む

讃岐うどん2023冬の陣

2024年は蕎麦の年にします。みんなのおすすめも教えてね(うどんのおすすめも)

①味庄

R0037828

駅前のうどん屋として実に好ましい見た目・店内

R0037827

かけ小

サンライズ到着後即うどん。柔らかめで早朝の胃腸に優しかった。幸先のいいスタート

②虎屋(琴平)

R0037861

琴平。参道とそれ以外の市街地のギャップが凄すぎる

R0037870

ぶっかけ小

観光地の金毘羅宮参道にある。屋号的に旅館が転業した感じだろうか。今年(2023年)できたばかりらしい。観光地なのでまあまあ普通の値段だが、コシが強く角の立った面で、冷やとの相性がよかった。無料トッピングもキレイめでいい感じ

③めりけんや 高松駅前店

R0037989

醤油小

JR四国のやっているうどん屋(連絡船うどんは数年前に閉まっている)。丸亀であらゆる飲食物にありつけず、高松駅到着即チャージ ここは一番外国人観光客も多く、接客もかなり慣れている様子だった

④さか枝 本店

R0038021

母校の便所を思い出す形式だが、この世で一番好きな蛇口これかもしれないな

R0038022

肉うどん小

県庁の建物見に行くついでに行った。ここも麺がモチモチで美味かった。肉の甘さが出たつゆ、無限に飲めてしまうよね

⑤松下製麺

R0038063

路駐して爆速で数玉吸引し、仕事に戻るタクシー運転手がカッコ良すぎた

R0038065

ぶっかけ1玉

大人気で、半屋外の立ち食いスペースもぎっしり。流れ作業で1~3玉のうどんの配給を受け、天ぷら何点注文するか自己申告して精算、その後セルフでうどんを茹でたり天ぷらを選んだりして喫食するツルツルとモチモチのバランスが一番良かった気がする。

⑥竹清

R0038070

お店の対面には香川用水記念館がある。「いのちの水・友情の水」というコピーが重い

R0038073

1玉を購入し、冷かけにした。トッピング色々

R0038075

こちらは揚げ物推しで、注文を受けてから揚げるスタイルだった。うどんを買う前に天ぷらの注文をしておくスタイル。うどんを買って座っていると、名前を呼ばれるので天ぷらを貰いに行く。熱々のたまご天とちくわ天、てんぷらって揚げたても美味いな、と当たり前のことを感じさせる。特にちくわは軽い食感で好

⑦さぬき麺之介

R0038150

冷ぶっかけ

琴電の線路そばの店。老闆がつっけんどんな感じなので普通に店内ピリついてて笑う。他のお客もだんまりして食っていた。麺は固め・太めで美味かったと思う

⑧さか枝 南新町店

R0038151

釜玉

釜玉を食べていないので最後に食べておこうと思った。本店より明るく、席数も多いので旅行者も入りやすい感じがする。香港人がざるうどんを注文していた。店内では朝から爆睡するジジイもおり、公共性の高さを感じた

香港無靚女?(『華僑日報』1960年6月23日)

chiamin0513的部落格」より転載

例によって入江啓四郎『支那新聞の読み方:中国報紙研究法』(タイムス出版社、1935年)方式で。

mounungyeuk.hatenadiary.jp

  • 【文例】
  • 【文法】
  • 【語註】
  • 【譯】
  • 【解說】

【文例】

香港無靚女?  —— 德製片家來港選用華籍女主角 無適意者卒以日女代中國女郎(『華僑日報』1960年6月23日)

西德製片家胡史華斯氏,於兩星期由曼谷抵港,渠在留港期間亟欲在香港物色一位中國女郎任女主角港拍攝新片「有鹽味的水」不料經過兩星期努力,竟不獲一位中國女郎適合表演片中女主角者。因此渠從日本方面聘來一位日本女星,以飾演中國女郎云。該位製片家前日已乘印度國際航空公司飛機飛返慕尼黑,該德片準備本年十月即在香港開鏡,至於片中男主角即由德人担任。又聞該片外景將在香港拍攝,內景則在日本攝製,預算該新片來年可在香港放映云。

続きを読む

連環画と香港の貸本屋(碧璋「香港的『街頭図書館』」)

  • 【文例】
  • 【譯】
  • 【解說】

Untitled2019年の書展。今では信じられないが、普通に連儂牆とかもあったな 

路上と本についての記事を見つけた。今回も例によって入江啓四郎『支那新聞の読み方:中国報紙研究法』(タイムス出版社、1935年)方式で。

【文例】

碧璋「香港的『街頭圖書館』」(『華僑日報』1960年5月21日)

連環圖對兒童有利還是有害呢?有些描寫神怪打鬥的連環圖是有害的,但有些益智的連環圖都是兒童的好讀物,事實上,由於本港的失學兒童數字還是相當龍大,對於這批不幸的未來小主人,連環圖也可算是他們吸收智識的唯一途徑的。反之,這些圖書,倘若含有毒素,那對一般兒童的前途,影响確是不堪設想的。

不論世界任何一處地區的兒童,他們總不免會喜歡打打鬥鬥的故事。儘管這些故事千篇一律,荒誕不經,只要這些故事又刺激,夠生猛,同時,書中的男主角,盡是擁有通天遁地本領的英雄,而女主角盡是逗引起愛的美麗少女,孩子們對於這些圖書,一定感到無限醉心的,這在本港一般不幸的失學兒童,那又怎會例外呢。

由於本港的教育目前還沒有達到普及的階段,而一般貧苦大眾的文化水準還是相當低,加以文盲的數額還是相當龍大,因此,連環圖這一種刊物,是確有它存在的價值。

可是,由於不少印製連環圖的出版商,他們忽略了教育問題,他們為了利之所在,不惜大量推出離奇怪誕的圖書,如上山學法,飛劍殺人等故事。結果,一般智識薄弱的兒童,可能受這種邪說影响而為非作歹。

時至今日連環圖攤檔,已不若年前那麼蓬勃,但不少人烟稠密的地區,不少這種攤檔,始終還如常地在經營著的。究竟這種連環圖的源起是怎樣的呢?我們就不能不談到上海那一塊地方了。

続きを読む

北浅川流れ橋を渡る

R0037618

JR高尾駅駅舎。元は「新宿御苑仮停車場(1927年)」を武蔵陵墓地に近い同駅に移築したもの

 高尾駅である。でも、今日はここから登山ではなく、川に向かう。というか、そもそも高尾山に登るなら京王線を使うので、この立派なJRの駅舎をまじまじと観るのも初めてだった。

 今回はタイトルの通り八王子は北浅川に架かる流れ橋を見に行く。バリバリの八王子観光だ。

 「流れ橋」というのは永久橋と異なり、増水時に橋桁が流されるもの*1。橋桁が流されることで橋脚へのダメージを軽減し、再建を容易たらしめることを狙っている。多くの場所では行政が架橋したものでないことが多く、地域住民の交通を便ならしめるために地域コミュニティの手によって維持・管理されている「勝手橋」でもある。

 北浅川流れ橋も地域住民が維持しており、何と公式HPまで存在しているが、ここでも生活利便性の為に橋の存在を必要とする住民と、その設置許可を与えない河川管理者との間に摩擦が存在している。「違法状態」ではあるが、これを代替するインフラを行政が提供できないために黙認されている。

 高尾駅からバスに乗って北上する。大正昭和の陵を越え、小田野トンネルを過ぎると、北浅川の流域に入ってくる。

R0037619 R0037620

陵北大橋バス停から陵北大橋を望む

 小田野の集落を抜けると、バスは陵北大橋を渡って陵北大橋バス停に停まった。ここで降車する。

*1:当該の流れ橋は、直近では6月に流されているらしい。

続きを読む

中国の無人コンビニ(1958年)

 1958年7月10日『大公報』より。大陸の新気象を明るく紹介するのは今も昔もいかにも『大公報』といった感じがする。例によって入江啓四郎『支那新聞の読み方:中国報紙研究法』(タイムス出版社、1935年)方式で読んでいった。

無人售貨商店 佛山市設有一間」『大公報』1958年7月10日

【文例】

無人售貨商店 佛山市設有一間

  這是一間無人售貨商店,它開設在佛山市的市中心區。
  店裏的商店有六百多種,都陳列在不加封閉的櫃檯上和貨架上,可以讓顧客隨手拿到。
  這裏沒有售貨員,只設了一個服務台。顧客要買什麼,按價格牌上標出的價格自動付款後,自行取貨。如果需要找贖,也由顧客打開收款箱,自行找贖。服務台裏有一位工作人員,他的工作是替顧客包紮貨物,或是幫助購物較多的顧客計算貨價。
  一間這樣的商店通常需要三個以上的工作人員,現在只要有一個服務員就能應付裕如。而顧客也感到便利,一來到就能選購到合意的商品。
  這間商店開幕還不到一個星期,人們給了它一個光輝的名稱:共產主義風格的商店。

【文法】

・只要⋯⋯就/便/還/總~~:⋯⋯しさえすれば/である限りは〜〜である

【語註】

・找贖jáau suhk / zhǎoshú:お釣りを渡す
・包紮bāau jaat / bāozā:(商品を)包んだり縛ったりする
・應付裕如ying fu yuh yùh / yìngfu yù rú:ゆとりを持って対応する

【譯】

無人売店 仏山市に一軒登場

 ここは無人売店で、仏山市中心部に開店したものだ。
 店内には600種類以上の商品があり、閉め切られていないカウンターや陳列棚に並べられているため、客はすぐに商品を手にすることができる。
 この店には販売員はおらず、サービスカウンターがあるだけだ。買いたいものがある時は、ボードに書かれた値段に従って自分で支払いを済ませ、商品を持っていく。お釣りが必要な場合は、客が自ら料金箱を開いてお釣りを取り出す。カウンターにはスタッフがいて、客のために商品を包んだり、たくさん買い物をした客が商品の値段を計算するのを手伝ったりするのが仕事だ。
 このような店では通常3人以上のスタッフが必要だが、今では1人だけで余裕を持って対応できている。これは客にとっても便利で、来店すればすぐに欲しいものを購入することができる。
 この店は開店してまだ1週間も経っていないが、人々はこの店に「共産主義スタイルの店」という輝かしい名前をつけた。

【解說】

 無人店舗Unmanned storeは店内に従業員やレジ係がいない店舗を指す。スマートフォン・キャッシュレス決済の普及によって2010年代から試みられ始め、中国では2017-18年に一瞬で全国各地に展開され、そして一瞬で衰退した。

toyokeizai.net

決済が煩雑だったり、店内が殺風景だったりしたため、購入体験が芳しくなかったことが衰退の理由であるらしい。

 とはいえ、コロナ禍を通じて非接触というニーズも確立されたし*1、今年には香港国際空港にできた無人コンビニのように利用時のストレスを減らしていく仕組みも出来つつあると思うので*2、以前のバブルのような展開の仕方はないまでも、今後は物珍しさとかではなく普通に便利な技術として色々なところで使われていくのではないかと思う。

mounungyeuk.hatenadiary.jp

 さて、今回取り上げたのは「無人」店舗についての記事だが、紹介されているのは1958年の中国大陸のそれである。写真を見る限り取り扱っている商品はいわゆる雑貨店のそれであり、ほぼほぼ無人コンビニのような存在だ。なんて先進的なんだろう……まあそんなわけはなくて、普通に辦館を野菜の無人販売所方式で運営しているだけである。スーパーマーケットが席捲している現在とは違って、対面販売ではない「セルフサービス方式」というのはかなり画期的で物珍しかったのだろうと思われる*3

 1958年は、前年までの反右派闘争で権力を確立した毛沢東が大躍進を推し進めていく時期にあたる。農業・工業生産の増加を目指したこの政策は、翌1959年からの全国的な大飢饉の発生と、毛沢東の一時的失脚という結末に終わる。

 この時期の雰囲気はよくわからないが、仏山のような広東省の都市部においては、この時期に無人販売所を置いたとしても問題なく運営できていたということだろうか。どんなものが販売されていたのか記事には記述がないのでよく分からないが……性善説で運営されているというところが「共產主義風格」なのだろう。眩しい美名だ。

 もっとも、記事を見ると「無人」では全然ないということもわかる。サービスカウンターがあって、ここに一人が配置され、商品の包装や会計補助を行なっているようだ。セルフレジでもたつく老人を店員さんが手伝っているやつの1958年版なのかもしれない。支払いを誤魔化す人間を見張る役目でもあるのだろうし、この点では天眼(監視カメラ)の1958年版でもある。

 



*1:黄敬惟「无人零售越来越多」『人民日报海外版』2023年02月27日

*2:香港空港の無人コンビニでは、客はクレジットカードを改札に翳して入場する。この時点でdepositが徴収される。陳列棚から商品を取って出口に向かう間、監視カメラなどの情報を基にして価格計算が行われており、再び改札を通って出場する際に自動的に決済が済まされる

*3:売り場にスタッフが居らず、客が価格表示を参考にしながら陳列棚から商品を手に取り、レジに持って行くスタイルのこと。スーパーマーケットとは「セルフサービス」の店である – ニッポン放送 NEWS ONLINE

廣如意老酒莊(深水埗)で、豚肉を浸けた酒を買う

  • はじめに
  • 廣如意老酒莊
  • 自釀玉冰燒、その味

はじめに

先日の訪港で、気になっていたお店を消化してきた。

なんと香港で(しかも古洞とかではなく市街地の中で)「玉冰燒」を漬けているお店があるというのだ。

 玉冰燒(玉氷焼)は広東省仏山が発祥の蒸留酒で、その特徴は米を蒸留して作った白酒に豚肉を漬けて完成させるという奇抜な製法にある。肉の臭みとりや柔らかさの向上を狙って、肉類の下拵えに酒精が使われることは多いが、ここでは酒のために肉が使われている。漬けた豚肉(一応蒸すらしい)が透き通ってきて玉のようになるという説明もされるが、玉冰燒の「玉」の由来は単純に「」と「」が同音(yuhk)であるところにある。そういえば、「ニク」は音読みで、訓読みは「しし」なんですね。

 大手メーカーも作っているので、例えば珠江橋牌(中糧傘下、広東省食品進出口集団のブランド)のものは結構市中で見かける。これは特に1980年代の広告が有名:

続きを読む