亞的呼聲 Adiffusion

中華と酒と銭湯と

渋谷のライオン、世界的のライオンと、「〜的の」という日本語にときめくこと

はじめに

 名曲喫茶ライオン、という店が道玄坂の百軒店にある。
 東京の名曲喫茶やレトロな喫茶店好きで知らない人間はまあいないだろうといった感じの、超定番の銘店だ。

 自分は名曲喫茶が好きだ。自分は日頃から余りクラシックを嗜まない方だと思うのだが、名曲喫茶に行けば知らない音楽(名演奏といった類の)に出会えるし、どことなく優雅な気分でリラックスできる。これはクラシック音楽というものを、非常にスノッブな態度で消費しているのだろうとは思うけど。
 更に言えば、コンサートと違って読書もスマホも出来るし、コーヒー1杯の値段で座れるし、コーヒーが飲めるし、吸いたい人はタバコも吸えるし、途中退席で白眼視されないし、普段使っている名創優品で200円のイヤホンよりは余程音質もいいし、何より演奏終わった後のあのクソ長い拍手が無いので最高だ*1

「〜的の」という日本語

 ところで、名曲喫茶ライオンは創業は昭和元年、現在の建物も昭和21年と、かなりの歴史を持った老舗なのだけど、その重厚な内観と壁一面の時代がかった音響設備(と建物が歩んできた時代の変遷を感じさせる便所の落書き)が物珍しいため撮影する客があとを絶たず、現在は撮影禁止だ。
 店に滞在した記念として、客が唯一持ち帰られるのがその月の定時演奏のプログラムなのだけど、その図柄や、「帝都随一」といった文面も、創業当時〜戦後まもなくといった感じのレトロな空気を纏っている。

20180703-171748-1

このプログラムの中に、僕が毎回眺めてはうっとりしてしまう(?)文言がある。

アメリカの雑誌オーディオに当店の演奏装置が写真入りで掲載になりましたので渋谷のライオンは世界的のライオンになりましたことを光栄に存じております。 ——昭和三十四年——(太字は著者)

 自分でもよくわからないが、僕はこの「〜的の」という表現を見ると脳でα波が噴き出るようになっているらしい。多分、日常からほぼほぼ消滅したであろうこの「〜的の」が、見慣れた口語体の中に突然現れる、その違和感に惹かれているのかもしれない、分からない……このことについて、意外に共感を集めたのでちょっとだけ、調べてみた。

 なんと、はてなブログにど直球の記事があった。

satzz.hatenablog.com

 当該記事では、現代日本語書き言葉均衡コーパス「少納言」を利用して「〜的の」の出例を探ることを試みていた。「〜的の」の出例が32件ということだが、思うに「少納言」の場合は70年代以降のデータからしか検索できないということもあろう。

 では反対に、「〜的な」を検索してみたらどのような結果が見られるだろうか?

日本語コーパスを初めて使った

先ほどの説明は説明としてわかるわけでありますけれども、何らかの積極的な指導というものが図られる必要があろうというふうに思うわけであります。衆議院常任委員会にて、竹村委員の発言。『第77回国会会議録』、1976年。)

これが「少納言」で発見しうる、「〜的な」の最も早い用例であった。「少納言」には『国会会議録』は1976年以降のものしかないので、これ以前の発言を確認することは出来ないが、少なくとも1971~75年に出版された書籍の内、本コーパスに収録されたデータには「〜的な」を含む文章は存在しなかったということになる。
 一方で、「〜的の」の場合、引用の疑いやそれ以前に書かれた書簡や全集への再録を除いても、

問題は二つあった。一つは対外的の問題で、ポツダム宣言受諾の条件、すなわち日本の国体の問題、天皇制の問題に対して、……細川隆元『男でござる:暴れん坊一代記 風の巻』山手書房、1981年)

であったり、

流行のプレファブのユニットハウスであり、情緒は毫もないが、機能的のようである。森村誠一『悪魔の圏内』実業之日本社、1988年)

或いは

古代の米についても、現在の米と同じように、最新の分子遺伝学的の成果を応用できることを示した点で意義は大きい。(柏原精一『図説 邪馬台国物産帳』河出書房新社、1993年)

など、90年代になっても例は少ないものの書き言葉としてはボチボチみられるようである(森村の用法は「〜的のように思える」の如き場合は殊更の違和感はないが…)。「〜的の」使用者は皆戦前生まれだった。尚、『国会会議録』での検索結果では、1985年の第102回国会衆院特別委員会で青山委員の放った「懐疑的の」が口語上に現れた最後の「〜的の」であった。
 書籍において、「〜的な」は1975年の外岡秀俊『北紀行』を皮切りに、86年以降爆発的に増え出すようだ。ここから、尤も、先行する記事が言うように、このコーパスは検索結果の表示にやや不安があることや、70年代の収録書籍数が少ないという懸念もある。
 政府白書に絞って検索すると、政府作成の文書においては恐らくは76年時点で既に「〜的な」に統一されていることが分かる。ここをもう少し遡って検討できればいいのだが……。

結論?雑感。

 まとめると、70年代には既に口語では「〜的な」が優勢であったものの、書き言葉に関してはまだまだ「〜的の」が用いられ続けていた。しかし70年代後半には既に政府文書で「〜的な」が採用されており、80年代半ばに至ると一般書籍においても支配的になった、と考えてよいだろうか。本来なら検索結果数などを図示したいところだが、パス……

 そもそも接尾辞の「的」自体が、江戸時代に輸入された中国の白話小説に始まり、明治に入って西洋近代がもたらした諸概念の翻訳に多用された経緯があり、当初その語感は硬く、専ら訓読体の学術・評論分に使用され、くだけた文章には用いられるところ少かったという*2。言文双方で「〜的な」が支配的になった後も「〜的の」が書き言葉として細々と命脈を保って?いたのも、「〜的の」の方がどことなく“戦前派”らしき雰囲気と格調の高さとを感じさせ、文語体をメインに使用されてきた接尾辞「的」との相性がよかったのかもしれない。

 また、これは想像の範疇を出ない考えだが、学校文法において「形容動詞」という区分が採用され、その連体形として「〜な」が採用されたことが大きいのではないか、とも思う。
 試みに、戦後学校文法の原点とも言える文部省『中等文法 一』および同『中等文法 二』(それぞれ1944年。広島大学図書館 教科書コレクションデータベース)を参照する。一が口語、二が文語である。これらの「形容動詞」の項目には、当然かもしれないが連体形として、或いは語幹のみの用例として「の」を用いたものは見当たらなかった。

Wiki見ただけだけど、形容動詞の連体形「~な」の語源は、文語「~なり」の連体形「~なる」が変化したもので、江戸末期以降こうした用法は見られなくなり、「の」で接続することが一般的になった、らしい。「〜的」という語幹に限って言えば、昭和の終わりには逆に「の」を「な」が食った状況が伺えて、面白い。

 

*1:勿論、一度きりの生演奏に対して拍手が長いのは当然のことだ、とは思いつつも、途中から両手に痺れを感じながら「指揮者何度も出たり入ったりせんといてくれ〜」とか、「伏せ拝」とか思ってしまう

*2:望月通子「接尾辞『〜的』の使用と日本語教育への示唆」『関西大学外国語学部紀要』(2)、2010年。尚冒頭の先行研究のまとめのみ読んだので、これはガッツリ孫引きである。時間があれば是非参照したい

Serriniの《油尖旺金毛玲》を聴いたこと

 ここ数年、広東語の勉強という名目でCantopopを聴いている。こうすると何にもなっていなくても勉強をしている気になるのでと、ても健康にいいと思う。とはいえ聴いてるのが張國榮やBEYONDとかの懐メロばっかりだったので、最近のCantopopも聴こうと思い立ち、香港高登討論區のスレで紹介されてたアーティストをざっと聴いてみた。
 あんまり聴けてない中ではMy Little Airport(最近?って感じだけど)、Another Kitchen、小紅帽あたりが好きです。多分聴いてみると「スマガからSwinging Popsicle聴くようになった人間が好きそう」という感想が得られると思う。わからない。
 あとは、Serrini。中でも《油尖旺金毛玲》(2016年)は薄暗いネオンが似合いそうな、少し気だるげで切ない曲調と歌い方が印象的で、とても気に入った。

www.youtube.com 金毛の玲という少女が夜の街で恋をする話だと漠然と思っていたが、歌詞を読んでみると文語、白話、広東語の混じる「三及第」(他に近年の表現や横文字も入ってるので四及第だと思う)文体の歌詞は意外と難しくて、意味が全然取れていない部分もあった。全然自信はないけど、以下に歌詞の内容をメモするとともにそのストーリーをなんとなく解釈しておきたい*1

*1:詳しく歌詞の解釈を試みた記事は余り多くなかったが、記事を書いている途中で豆瓣音乐の「从《油尖旺金毛玲》到《尖沙咀Susie》(油尖旺金毛玲)乐评」に気付いた。これはかなり詳細で参考になる、というかこの記事の存在意義…笑

続きを読む

外で酒を飲むと気持ちがいいこと

外で飲む酒は旨い。それだけの記事である。

 今月は当然ながら部屋にいてばかりであんまりレジャー的な催しが出来なかったのだけど、都下に行く機会が多く、なんだかんだ天気もよかったので、外で酒を飲んだ。
 そろそろ梅雨も近づいて来て、なかなかこういった気持ちの良いことができないので、偲ぶのも兼ねて以下に紹介、というか自慢する。

秋川渓谷 

20180504-110321-16
 多摩の山奥に行ったものである。魚を釣って食べようと言う話だが、こんな感じからも分かるように、揃いも揃ってインドアのオタクなので、手ぶらで行けて楽に釣れるものがいいよね、と言うことになり、鱒釣りと相成った。前も利用したことがある養殖マス釣り場だが、ここはいいですよ。

20180504-112309-17
川に適当に酒を投げ入れて、冷やす。見てるだけで涼しくなってくる風景だ。マスだが、釣り券を買うと生簀から川に投げ入れてくれ、本当に簡単に、バカスカ釣れる。衆楽園ヘラブナの方が全然難しいと思う。

続きを読む

加山雄三と『蝿の王』: 三番瀬で豚を丸焼いたこと

未来の大戦中、ひょんなことから疎開地へ向かう飛行機が墜落し、若大将(演: 加山雄三)は南太平洋の無人島に置き去りにされてしまう。最初こそ協力し合っていた若大将たちであったが、青大将(演: 田中邦衛)は食べ物などにも不自由しない島で自由に生きることを望んで、独自に狩猟隊を結成する…

今週のお題は「お花見」 らしい。

ということで、というわけでは全く無いが、先日桜がいい感じだった時に桜の一本もない埋立地に行き、悪魔崇拝的な儀式に参加してきた話をする。標題からして桜感は皆無だろう。

豚や機材の搬入、及びその他の飲食物の買い出しを行うため、自分は主催者の暴力ちゃんTwitter: @okumuratorucc)から人足として徴用され、前日は飯場で他の作業員とともに食事をした。
20180324-203110-44 20180324-201608-43
 飯場に火鍋底料があるというので火鍋をやることになった。新大久保の中華スーパーやまいばすけっとで食材を用意して(この羊肉は日光総本店で買ったが華僑服務社と比べてかなり割高だった、以降このような失敗の無いようにしたい)、いい感じに火鍋を楽しんでいたのだけれど、
20180324-205558-48

不注意なオタクばかりなのでこんなことになってしまった。オタクと居ると健常界では有り得ない超常現象が起こります。ともあれ、鉄分は摂れたし火鍋はとても美味しかった。家庭でする火鍋、本当におすすめですよ。

続きを読む

チャイナタウンから見る、NZにおける華人コミュニティの歴史と現在【後編】

はじめに

ご無沙汰しております。
桜も散り始め、そろそろ新年度を迎えようとしている今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

前回前編↓をアップしてから結構経ってしまったのですが、後編もやっていきます。

mounungyeuk.hatenadiary.jp

 後編では、AucklandはDominion Road一帯に所在する新興のチャイナタウンについて、歴史や概要を、実地で撮影した写真を紹介しながら解説していきたい。

  • はじめに
  • Dominion Rd.の概要
  • Dominion Rd.の歴史
  • Dominion Rd.の人々
  • Dominion Rd.の飲食店
  • Dominion Rd. の文化施設
  • その他の店舗
  • おわりに

 このDominion Rd.のチャイナタウンに関しては、すでにCAIN, TrudieほかHalf Way House: the Dominion Road Ethnic Precinct, Auckland: Massey Univ. and Univ. of Waikato, 2011.において、店舗の分布のほか聞き取り調査によって出生地や消費行動なども詳細に明らかにされているので、適宜これを参照する。というか、これ読めば大体は理解できる。この記事のオリジナリティは写真の多さと日本語による紹介の2点に尽きるわけだ*1
 構成としては、まずDominion Rd.の位置関係や歴史を紹介し、続いて、どういう人々がどんな店をやっているかを写真を使いながら紹介していく。

*1:ただ、Cainらの調査では、China-bornはChinaで一括りになっているので、本記事の店舗紹介においてはより中国内部の地域的なバリエーションについても意識して紹介するよう努めた。

続きを読む

チャイナタウンから見る、NZにおける華人コミュニティの歴史と現在【前編】

  • はじめに
  • Aucklandの概要/屋崙市簡介/奥克兰市简介
  • NZの移民政策とAuckland/奥克兰与新西兰的移民政策
  • NZ華人の移民史/紐西蘭175年華人移民史
  • AKL華人社会の展開/屋崙華人社會

はじめに

 野暮用で2週間ほどニュージーランドNew Zealand, NZ/紐西蘭, 新西兰)に行っていた。
 初の南半球ということもあり、滞在中はほぼ毎日美味しいNZワインを飲んで楽しんでいたのだけど、自分の居たオークランド市(Auckland, AKL/屋崙, 奥克兰)と言うところは中々国際的な街で、特に華人を中心としたアジア系の移民が目立つ印象だった。
 本記事では旅の思い出の備忘も兼ねて、滞在中に収集した数点の資料なども参照しつつ、近年チャイナタウンの形成が進むDominion Rd.一帯の状況を紹介しておきたい。これからNZ旅行を検討中の読者の皆様におかれては、これを参考にして旅行中のプランを練られると良いと思う。全く思わない。
 今回は前編ということで、チャイナタウンの巡検の様子を紹介する前に、NZやAKLと華人*1の歴史について簡単に纏めておこうと思う。要は自分のメモ代わりなのでアレだが、辛抱強くお付き合い願いたい。

*1:狭い定義によれば、華僑と異なり渡航先の国籍を取得している中国系住民を指して華人と呼ぶ。とはいえ、別に厳密な定義の求められている訳ではない本稿では中港台からの華僑・華人や東南アジアで数世代を経た華人についても殊更区別することはせず(ぱっと見では無理なので)、彼等アイデンティティの一部として中国系である人々が渾然となって作っているまとまりを華人と呼称したい。

続きを読む

東京湾フェリーで帰浜したこと

 先日、千葉に行く機会があり、帰浜の際に折角なので金谷〜久里浜を結ぶ東京湾フェリーを利用することにした*1。1時間に1往復あり、気軽に利用できる。720円という運賃も手頃だ。何より、混雑する東京を経由せずに帰れる事は、日々田園都市線に乗っている者として非常に魅力的だった。笑

f:id:NongYao:20180227201101j:image

 内海とはいえ、東京湾は広い。海原の開放感、日差し、中国人乗客の投げるパン屑を追うカモメの群れ、吹き付ける潮風、行き交う船舶を堪能しつつ、東京湾浦賀水道の境界を掠めるようにして、船は久里浜へと向かう。

f:id:NongYao:20180227201126j:image

 40分と短い間ではあるが、フェリー特有の中途半端なゴージャス感は、船旅の良さを感じさせるものだった。最近スター・フェリーやシーバス以外のまともな船に乗っていないので、ひと時の非日常を満喫した。多分電車に乗って東京経由で帰るより時間がかかっていると思うけど、ちょっとした贅沢である*2。次は東京〜横浜間のフェリーを使ってみたい。

 今回の家路にはフェリーの他、内房線京急線を利用したので、東京湾の東と西の風景を車窓から眺めることになった。同じ湾岸の集落といっても、内房と三浦〜横須賀の雰囲気は結構異なるように感じた。以下に比較してみたい。

 内房では海に至る斜面がなだらかで、風景も穏やかなように感じた。一方で三浦は山が海に迫っており、非常に窮屈で、薄暗い印象を受ける。尤もこれは内房線京急線の走行する位置や、西陽の関係かもしれない。三浦半島はもう家路に就いている感覚が濃厚で、日常に戻るという気分が其印象を暗くしているということもあろう。
 また、内房では集落と集落の間の連絡が比較的容易で、開放的な雰囲気があったが、三浦は其々の集落の入り江が深く、急峻な山に阻まれて集落間の陸路での連絡が困難であったことが伺われる。三浦半島東側の薄暗い印象は、こうした閉鎖性や、近代以降の軍事の要素も相俟っているのかも知れない。とはいえ、これらの要素は良港であることの証明にもなっている筈である。

 友人は「栃木も群馬も『東京からどこかへの途中』なのに対して、千葉の先には千葉しかない。東京から一番近いどん詰まり、地の果てが千葉なのだ」と言っていたが、自分はチバットに開放感や大らかさを感じる。まあ、それが田舎ということかもしれないし(三浦側の窮屈な感じは紛れもなくそこが横横・東京という都市の一部であるからだろう)、或いは自分の日常に対する逃避願望からくる、生活圏の外側への憧れなのかもしれない。
 なんにせよ、千葉は良いところだと再認識したので、春になったらまた行きたいと思う。きっと菜の花は終わってしまっているだろうけど。

 

追記:記紀ヤマトタケル伝説等にあるように、かつてこの浦賀水道は主要な海上交通ルートであり、東海道相模国三浦半島からこの浦賀水道を通って安房国➡︎上総国➡︎下総国➡︎常陸国へと至っていた。現在の横浜以北である武蔵国は相模からアプローチするには多摩川利根川といった河川が多く困難であり、帰化人の入植が増えるまではより安全な山伝いの東山道に編入されていた。上総・下総の順が南北であることの説明でこの上古のルートを挙げて、房総においては南部の方が上方に近かったということを説明するものを読んだことがあるが、この東京湾フェリーはそうした歴史的な道でもあるのだった。

*1:この東京湾フェリー、戦後に閉鎖機関指定された国策会社「東亜海運」と同名で戦後に設立され、そのファンネルマークと社旗を引き継いでいるらしい。wikipediaの沿革は年号の並びが怪しくて、信用がならないが。もしかすると戦中の東亜海運関係者の再就職先として作られたものなのかもしれない

*2:浜金谷駅からフェリー乗り場までは徒歩10分弱だけど、久里浜港から久里浜の駅前までは結構かかるので、バス乗車が必要になるのがやや残念である。時間に余裕があれば徒歩でペリーの記念碑などをまわってみるのもいいとは思うが、と書いてから、バス・電車の連絡乗車券の存在に気付いた。無駄なことをしてしまった